06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.18 (Fri)

動く絵本

本屋さんの絵本コーナーに行くといつも驚かされるのが、
いまどきの仕掛け絵本の精巧なこと。

ポップアップタイプのいわゆる飛び出す絵本などは
すごく細かくリアルに作られていて、1万円をくだらないほど高価なものも。
他にもタグを引っ張ると伸びる仕掛けとか、
付属のライトで照らすと影絵になるような仕掛けとか。

そんな精巧な絵本たち、私としてはとっても魅かれるのですが
ちぃにはまだまだ・・・。ひっぱって破られちゃうのがオチ。

そんな赤ちゃん達にぴったりの、単純シンプルな仕掛け絵本ももちろんあります。
きむらゆういちさんの「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ等が有名ですね。
登場する動物達の顔(体)部分をめくるとお返事したり手を挙げたりする絵に変わります。
ちぃは『いいおへんじできるかな』『ごあいさつあそび』の2冊を持っており、
(パパ母からのプレゼント。どうもありがとうございます♪)
よく一人で「ぴぃぴぃのぴー!」(←ことりさんのお返事)とかいいながらめくったり、
「どーじょ!!」とパパママに絵本を押し付けてきたり、
かなりのお気に入りです。



さて、先日、友人と約束があって一人で新宿をぶらぶらしていたときのこと。
もうすぐ出産の友人へのプレゼントを探してデパートに入ったら、
外国の仕掛け絵本(日本語版もあり)のコーナーがありました。

そこで見つけたこの絵本。

仕掛け絵本表紙

『ギャロップ!!』
(ルーファス・バトラー・セダー作、たに ゆき訳/大日本絵画 発行)

一目見て感動しました。
何がすごいって、ページをめくると絵が動くのです!
凝っているのにしっかりした紙を使っていて破られる心配は(たぶん)ないし、
音も出ないからうるさくない。
しかも動きがリアルで芸術的!!
表紙がお馬さんなのも私のツボ。中身はいろんな動物達です。

ギャロップ2ページ
表紙をめくったところ。
動いてるの、わかるかな?

お値段はちょっと高めで1,900円もするのですが、
手元にはおばあちゃん(パパ母)から「ちぃに何か買ってあげて」といただいた商品券が・・・。
もちろん即購入!いい買い物でした~♪
(お義母さん、いつもありがとうございます♪)


ちぃも気に入ってくれて、「もんちーたん!!」と叫びながら絵本を持ってきて、
ぺらぺらめくってチンパンジーのページになると
「あ!もんちーたん!もんちーたん!!」と口を尖らせながら興奮してます。

しかしなぜ”もんちーたん”・・・?

ちゃんとチンパンジーだよ、って教えたのになぁ。
私がたまに「オランウータン」と言い間違えるからか?
(↑じつはこの記事の第一稿でもオランウータンと書いてしまってた。修正済みです)
それとも10ヶ月くらいのときに動物園でオランウータンを見たのを覚えてるとか・・・?

子供の言葉って不思議です。




スポンサーサイト
EDIT  |  21:55  |  道具、おもちゃ  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。