03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.12.28 (Mon)

耳鼻科通い(ママ)

9月頃から咳と鼻水に悩まされてきたちぃ&ママ。

きっかけは単なる風邪だったのですが、
私(ママ)は副鼻腔炎、
ちぃはぜんそくということに・・・(泣)

私の症状については過去記事「アレルギー?(10/13)」にちょこちょこ書いてましたが、
今は耳鼻科に通って、ほぼ治まっています。


ちなみに、当時通っていた内科でのアレルギー検査(血液検査・ラスト法)の結果は以下の通り。


☆クラス1(疑陽性)

ダニ1(ヤケヒョウヒダニ?)、ハウスダスト1


☆以下は全てクラス0(陰性)

スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、ハンノキ、
マルチ・動物(上皮?)、マルチ・カビ、
ガ、ゴキブリ、ユスリカ(成虫)


つまり、現在出ているアレルギー症状(と思われる症状)の原因があるとすれば、
おそらくダニとハウスダストでしょう、ということです。
ただ、血液検査の結果というのはあくまでひとつの目安ということで、
陰性でも症状がある場合もあれば、強い陽性でも症状がない、なんていう場合もあるようです。


この検査結果が出た時点で症状はかなり改善していたし、強いアレルギー反応も出なかったので、
先生と相談の上、薬だけもらって通院終了しました。


が、今月(12月)に入り、またも風邪をひき・・・
今回は咳はなく鼻水だけだったのですが、
この鼻水が、みるからに怪しい鮮やかなレモン色(しかも透明感あり)・・・。
こりゃまずい、と今度は耳鼻科に行くことにしたのでした。

前回の内科での診断と症状を伝えた後、鼻を診察するなり
先生「こりゃだいぶ悪いですねぇ。」

え?悪いってどういうこと?と内心焦っていると、
「膿がかなりたまってますね。ちょっと吸いますよ~」
と吸引開始(もちろん機械で)。
結構痛いんですこれが・・・;;
奥の方にたまったのを吸い出すときなんて、
目玉が奥の方から細ーい管でビビビと引っ張られるようなイヤーな痛みで;;
こんなとこまで膿たまってたら、そりゃ顔面痛(頭痛)にもなるよね、と納得でした。
(幸い頭痛の症状はありませんでした)


診察の結果はやはり副鼻腔炎でしょう、と。
でも今現在鼻水以外の具体的な痛みがないから吸引だけでもいいですよーということで、
5日ほど殺菌用の抗生物質を飲んだものの、
その後は週一で様子見に通っている状態です。
毎回吸引はしてもらいますが、あまりたくさんはたまってないようで良かった良かった。


今回の副鼻腔炎やら咳やらも、結局はやっぱりホコリだよね、と反省し、
寝室にしている和室の環境を改善中です。
詳しくは、次のちぃのぜんそく記事に記載します☆
スポンサーサイト
EDIT  |  22:36  |  ママのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2009.10.13 (Tue)

アレルギー?

9月末から続く咳の症状がまだ治まりません。

先週もらった風邪と副鼻腔炎の薬がなくなったので、
今日また病院(内科・個人診療所)へ行ってきました。

キタナイ話になりますが、
鼻水というか痰の色は、以前白濁していた(青っぱなと思ってください)のが
半透明の白に変わってきたので、風邪は治ったようです。
ただ、咳が相変わらず・・・。
薬を飲んでいても完全におさまることはなく、それを先生に伝えると、

後鼻漏は続いているし、副鼻腔炎は確かにあると思うけど、
咳がこれだけ長い間続くのは、やはり別に原因があると思われる。
今までアレルギーの自覚症状はないようだけど、
一度調べてみたほうがいいかもしれません。
ただし、費用が高いのでどうしましょうね?

とのこと。
予定外の出費は痛いけど、
もしアレルギーなら知っておいたほうが今後の参考になるし、
(数値に興味もあるし)ぜひお願いします!!
ということで、肺のレントゲンと血液検査の採血をしてきました。

〆て7,530円ナリ。
予想外の出費だったので手持ちのおカネが足りず、
受付の方に断ってコンビニATMに走ったのはナイショです・・・^^;
あー恥ずかしかった;;


それはさておき、今回はお薬も変わり、アレルギー対策重視となりました。

・クラリチンレディタブ錠10mg (1日1回)
・ツムラ小青竜湯エキス顆粒(医療用) (1日3回)

下の上で溶ける柔らかい錠剤(口腔内速溶錠というそうです)のクラリチンと
漢方薬です。
クラリチンのようなタイプの薬は初めて飲みました(というか舐めた)が、
わりと最近、国内で許可されるようになった薬らしいです。
ミントのさわやかな味で美味しかった~(笑)。

血液検査の結果はまた来週。
楽しみなような、怖いような・・・。
そういえば、どんなアレルゲンで検査するか聞かなかったなぁ。
この時期だとセイタカアワダチソウ(ブタクサ)が多いらしいですが、
はてさてどうなることやら。

EDIT  |  21:05  |  ママのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.09.09 (Wed)

読書の話

昨夜は以前勤めていた会社の先輩達と飲み会の予定が、
トラブル発生により当日夕方に中止・・・。
この飲み会のためにちぃを一晩実家に預けるべく準備していて、
まさにいざ家を出ん!というところにキャンセルの連絡が来たのでした。
お泊り荷物を持って実家に来て、ちぃは楽しく遊んでいます。
母も、今のうちに早く出ちゃいなさい、と言ってくれてたとこだったので、
キャンセル電話のことはナイショで、ありがたく出発させていただきました。笑

さて、唐突に降って湧いたフリータイム。
パパは今日も残業です。
とりあえず、電車で読む予定だった本でものんびり読むか、と
ターミナル駅のドトールに腰を落ち着けて、
コーヒー片手に読書タイムを満喫することにしました。

ちぃが寝た後、じっくりとコーヒーを淹れて本を読むのが最近の日課。
でも、安いとはいえコーヒーショップのコーヒーはやっぱりいいですね。
別に舌が肥えているわけではないので、私はこれで満足なのです。
喫煙席に近くてタバコ臭いのが少し気になったけど、
周りに余計なものがなくて静かにゆっくり座れるし。
不特定多数の人間に囲まれる空間(電車とかこういう店とか)って結構好きです。
でも食事のお店はダメ。
のんびりできないから。早く出なきゃ、って焦るから。

結局2時間近く居座って、一冊読み終わってしまいました。
そして帰宅後2巻を読み、同じ作者の別の本を読み、
今日、図書館で3巻を借りて読み、・・・読書三昧♪
あぁ幸せ♡



さて、今回図書館で借りてきたのは

『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子 著/全3巻)。

最近(というかちょっと前?)話題になってるっぽい小説です。
「っぽい」というのは、本屋で店員手書き書評付平積み売りされてるから
そうなのかなー、と思ったので。
今調べたら、2007年の本屋大賞受賞作で、漫画化・ドラマ化もされているようです。
時代に取り残されてるなー^^;

中学までサッカー、高校から陸上を始めた主人公が部活でトレーニングを積んで
スプリンターとして成長していく、というお話。
最初から最後まで主人公の一人称で書かれているため、
地の文が完全に高校生男子の口語体で始めはオヤッ?と思ったけど、
(地の文で「・・・じゃねえかよ」「・・・とか思ったけど黙っといた」とか書かれてる)
いやー、面白かったです。
陸上、しかも短距離らしいスピード感に溢れていて、
ドキドキワクワク、グイグイ引き込まれて一気に読んじゃいました。
競技やトレーニング内容が詳しく解説されているので初心者にもわかりやすく、
大会のシーンではまるで自分が走るようにドキドキし、一緒に喜び、
もう主人公に感情移入しまくりです。
こういうスポーツものってだいたいその後の展開がまるわかりなのですが、
それがかえって心地よく、それでそれで?!やっぱり?!てな具合でどんどん読めちゃう。
本当に風を感じられそうな、さわやかな読後感でした。

ちょっと前に、駅伝を題材にした『風が強く吹いている』(三浦しをん 著)を読んだときも
かなり興奮したのですが、若い主人公がスポーツに熱中する話はいいですね。
自分が高校・大学の頃なんてもう遠い昔のようだけど、
勉強よりも部活に明け暮れていた毎日を思い出します。
あの情熱と体力と気力は、若かったあの頃だからこそ。
もうあんなにはできないと思いつつ、やっぱりあの頃に戻れたら、と懐かしむあたり
私も大人になったわね、なんてしみじみ感じます。笑


最近は学校の部活をやらない子が多いとか。
私の出身校でも、かつて所属していた部が廃部になってしまいました。
寂しいと思うのはもちろん、もったいないなぁと思います。
友達と遊んだり塾に行って勉強したりするのももちろん有意義なことだと思うけど、
損得勘定なしに、仲間達と一緒に汗を流したり一生懸命練習するのって、
学校の部活ならではのことだと思うのです。

ちぃはどんな子になるのかな。
勉強はできないよりはできたほうがいいけど、
それよりも自分が打ち込める「何か」を見つけて欲しいと思います。
スポーツでも音楽でも、勉強でもなんでもいい。
たとえ結果がでなくても、とにかく自分はがんばった!と胸をはれる何かがあれば、
それは一生自分のたからものになると思うから。

そのためには、親の私たちが「何か」を見つけられる環境を整えてあげなければね。
いろんな経験をさせてあげて、好奇心の芽を育ててあげられるといいな。
もしそれが勉強で、私立の学校に行きたいってなれば・・・がんばらないと^^;
(あ、パパは十分がんばってるので、私がもっとちゃんとしなきゃってことです。)

なーんて。
高校生が主人公の小説を読んで2歳の子の将来に思いを馳せてしまうとは・・・。
私も立派なオバチャンひとの親になったということですね。笑

EDIT  |  19:13  |  ママのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.06.04 (Thu)

読書

昨夜、ちぃと一緒に早く寝てしまったせいか
夜中の3時に目が覚めて、
そのまま図書館で借りてきた本を読んでいました。

『凍りのくじら』 辻村深月 著 (講談社ノベルス)

よかったです。
中盤から泣けて泣けて仕方ありませんでした。

あらすじとか、登場人物紹介とか、どこにどういう風に感動したとか
書こうと思ったけど、
書く端から何か違う気がして、
作品のイメージを壊してしまいそうなのでやめます。

「家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く
 ”少し不思議”な物語。」 
  (巻末 作品紹介より抜粋)

です。書評書く人ってすごいなぁ!




辻村深月さんの作品は、少し前から書店で見て気になっていました。
今ちょっと話題になってるのかな?
平積みで、書店スタッフの手書き書評が目をひきます。

昔は気になった本(文庫に限る)は即買いし
気に入ったらその作者のものは全て購入して読んだものですが、
今はまず図書館で借りて読んでみることにしています。
(本代って結構馬鹿にならないです。)

辻村さんのものは予約待ちがなくても常に誰かが借りていて
なかなか借りられないのですが(隣の市の図書館なので私は予約できない)、
今回運よく前出の作品と『ぼくのメジャースプーン』をゲットできたのでした。
『ぼくの~』はまだ読んでいないのですが、
最初に書店で見て興味を持った辻村作品なので楽しみです♪

今まで読んだのは
 『冷たい校舎の時は止まる』
 『スロウハイツの神様』

前者は少しホラー寄りな感じで怖かった;;
舞台が学校だし。学校って怖いですよね?誰もいない放課後とか・・・ひーーー!
けどやめられなくて一気に読んでしまいました(気分的には)。

後者は殺人が一切ない、穏やかなストーリー。
派手な起伏はないのだけど、読み終わってみるといろんな伏線がピッタリ符合して
ああそうだったのか!おおやっぱり!とスッキリ爽快な気分でした。
こちらもイッキ読み。気分的にはね。

(気分的には)というのは、
さすがにノベルス1冊はちぃの昼寝時間内には読みきれないので
 ちぃ昼寝中→ちぃ就寝後→パパ食事後ノンストップ
の小分け読みだから。
家事やちぃの相手をしながらも作品世界をひきずってる感じで
なんだかふわふわしてました。笑


本を読み終えない間は続きが読みたくてちぃの相手もおろそかになってしまう
活字中毒のダメ母です^^;
(それで一回ちぃに本を破られました・・・反省)

あー、早く次の本、読みたいなー。
EDIT  |  06:24  |  ママのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.05.14 (Thu)

ありんこ?!

今日は風が強かったですね。

マンション前でママ友達数人と立ち話をしていたときのこと。

突然、上唇の内側がチクッ!!

どうも唇の上になにかがくっついて、無意識のうちに唇をムグムグしたらしいんです。

そしてそれは、どうやらだったらしいのです。




食べられる!と思ったのでしょうか。
口の中に入った途端、かみついたのでしょう。
あわててとりだしてあまりにもでっかい蟻だったのでぎょっとしました・・・。

木の下に立ってたので、きっと強風にあおられて落ちてきたのでしょう。
しかし、なんで蟻・・・。

蟻って弱い毒もってるんですよね。
しばらくは上唇がピリピリして麻酔かけたような感じで気持ち悪かったです・・・



しかし、痛かった(泣)
こんなとこ噛まれたの、私ぐらいだろうな~^^;


EDIT  |  21:56  |  ママのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。