03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.01.08 (Fri)

新年早々

皆様、あけましておめでとうございます。

ぼちぼち更新ブログですが、今年もぼちぼち見守ってくださると嬉しいです



毎年、新年には1日にパパ実家、2日にママ実家と
実家へ年始のご挨拶に伺うのが恒例となっている我が家ですが、


ママとちぃちゃん、今年はどちらにもいけませんでした。。。



なぜかと言いますと。

暮れも押し迫った2009年12月30日の深夜、
ちぃが突然大量に嘔吐しまして・・・。




(この後あまり美しくない表現が続きます。苦手な方は読まないでください)


【More】

その後も口をゆすいだついでに水を飲んで嘔吐、
また口ゆすいだ後、口直しにハキラ1個食べて嘔吐、
またまた口を喉が渇いたといって止める間もなく水道の水を飲み嘔吐、・・・

と、約1時間置きにゲーゲー戻してしまい、
布団の汚れ落とし、シーツやパジャマの洗濯、替えシーツの捜索など、
明け方まで大変な騒ぎとなってしまったのでした。。。

一度戻すとすっきりするようで、しばらくはうとうと眠るんだけど、
口ゆすいだついでに飲む水が良くなかったらしく、それをまたゲーするという悪循環。
ちぃがこんな風に本格的に嘔吐するのは初めてだったので、
(1歳の冬にロタウィルスに感染したときも嘔吐はしなかった!)
嘔吐が続く間は絶飲絶食するって知らなかったんです。。。
最後は黄色い胃液だけになってしまって、本当に辛そうでかわいそうでした。

何回か吐いて、水を飲むのがいかんと気付いてやめさせてからは、ぐっすり眠れたようでした。


翌日、9時過ぎに起きてきたちぃは見た目元気いっぱいで、
リンゴが食べたい!と猛烈アピール。
リンゴならおなかにもいいかな、と普通にむいて皆で食べていたら、
お茶をごくごく一気飲みした後、



一気にリバース;;




机の上に大量のリンゴピューレが・・・・;;




いやー、本人もびっくりしていましたが、正面で見ていた私たちも仰天しました。


それまでただの食あたりですぐ治ると思っていたので
これはヤバイ!とネットで調べまくり、
休日夜間診療所に行くべきかどうかものすごく悩み、
(だってとても嘔吐下痢症とは思えないほど元気だったんです。飛んだり跳ねたり暴れるし)
でもやっぱり、もしノロとかウィルス性の病気だったら年始の挨拶は遠慮すべきだし
ちゃんと病院で診てもらって判断したほうがいい、というパパの意見に従い、
こんな元気な子を具合の悪い子供達がたくさんいる病院へ連れて行ってもいいものかどうか迷いつつも、
夜間休日診療所へ行ったのでした。


診察の結果は、嘔吐下痢症でしょう、とのことでした。
今すごく流行ってるんですよー、とおじいちゃん先生がおっしゃってました。
何度も吐いているし、おなかの張り(?)具合も弱くなってるらしいのが決め手だったようです。
食前に飲む吐き止め薬と、下痢はしてないけど一応下痢止めを貰って帰りました。

ちぃは夕飯の梅粥をペロッとたいらげ(!)、
その後は嘔吐もおさまり、結局下痢することなく治ったようでした。
(むしろ水分不足か3日も便秘した)
吐き止めの薬も2日分くらいしか飲まずに済んだので大量に余ってます。。。
もう捨てていいのかな?これ。




年始の挨拶は元旦にパパだけ実家に行ってもらい、
ちぃとママはお留守番。
ママはとーーーっても残念でしたが、
ちぃはお年玉の200円を握りしめて近所にガチャポンしに行ったり、
ママ独占でおままごとしたり、お粥食べさせてもらったり、
2日に皆でのんびり初詣したり、
たっぷり甘えられてなんとなく嬉しそうでした。笑


病気で始まった新年だけど、
元気で楽しく毎日を過ごすことができたらいいなと思います。
また一年、がんばろう!!

戦利品♪
↑両手に戦利品(ガチャポン)を握り締めてウキウキで歩くちぃちゃん。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:35  |  日常(2歳後半)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。